2011年06月02日

ネックレスと女の子

虹つうしん8003.jpg
身を飾るためのネックレスやブレスレット。
背伸びして、大人の真似して母親のアクセサリーで遊ぶ女の子。
見ていて微笑ましい。

この前ネット上で「チェルノブイリ・ネックレス」をした少女の写真を見た。
見ていてとても痛々しい。

チェルノブイリ原発事故後に子どもたちに多発した甲状腺ガン。
「チェルノブイリ・ネックレス」とは甲状腺ガン摘出手術痕のことをこう呼ぶ。

放射性ヨウ素による甲状腺ガンは子どもたちに発症しやすい。
特に女の子に多く発症するという。
甲状腺を摘出してもその後の治療は長く続く。

チェルノブイリは紛れもなくレベル7の大規模な放射性物質漏出事故だ。
同じ規模の福島原発のレベル7の放射性物質漏洩は現在も進行中。
過去に学ぶためにも、チェルノブイリの事故をもう一度知る事が必要だ。

本日6/2日の深夜01:15からNHK総合テレビでBS世界のドキュメンタリー
「永遠のチェルノブイリ」02:06〜「被曝の森はいま」02:57〜「見えない敵」
を続けて放送する。これは見逃せない。
また、6/5日(日)22:00〜NHKEテレ(教育テレビ) ETV特集『続報 放射能汚染地図』も予定されている。
今後もNHKの番組表をチェックしてみて下さい。
http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2011/0605_02.html

posted by 虹基金事務局 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記